[16] 最後の戦死者

    George Lawrence Price(1892−1918)

 

 

 ジョージ・プライスは1892年、ノバスコシア州キングス郡に生まれ、サスカチュワン州ムースジョーで農業を営んでいた。1917年に徴兵され、カナダ軍第2師団第6旅団第28ノースウェスト大隊に配属された。
 1918年11月、第28大隊はベルギーのモンスを解放し、アーブレに進駐した。町の人々は、この解放者を歓迎して祝宴を開こうとした。だが真面目一徹のアーサー・グッドマーフィ隊長はこれを固辞し、1918年11月11日朝、いつもより早起きして、部隊をさらに東に進めた。彼はその前日「できるだけ多くの地域を占領するため、できるだけ速やかに進軍すること」と命じられていたからである。

 その日の朝5時、コンピエーニュの汽車の中で、連合国軍とドイツ軍の代表が休戦協定に署名した。そこ
テキスト ボックス: ジョージ・プライス。

にはこう記されていた。

「全ての戦闘は、6時間で終了する」。
 カナダ軍司令部はこの知らせを6時半に聞き、すぐに4つの師団に下知した。情報はそれから12の旅団に、さらに48の大隊に伝達された。だがそれより下にはおびただしい数の中隊・小隊があり、それぞれ各地で戦っていたから、全ての部隊の位置を正確に知ることは困難であり、即時の情報伝達は難しかった。
 第6旅団で最も敵地深く進軍していたのは、第28大隊であった。伝令将校が馬を飛ばし、アーブレに休戦協定締結を知らせに来たのは10時半ころだったが、グッドマーフィ隊長はすでに部隊をサントル運河に進めていた。

 グッドマーフィは、部隊をサントル運河の手前で停止させた。そこには対岸に渡るための小さな橋があったが、不思議なことに、この重要な拠点を守っているはずのドイツ軍の姿が見えなかった。だが橋を渡った対岸に、橋を渡る者を牽制するかのような民家が3件あり、よく見ると壁に銃眼のような穴があった。
 「変ですね。あの家は何か怪しい。見て来ましょうか。」
 そう言ったのは、ジョージ・プライス上等兵だった。恋人の写真をいつも肌身離さず持ち歩いている男だった。グッドマーフィは、プライスとほか3人を連れて、対岸に偵察に行くことにした。重い武器を持って行きたくなかったので、5人はピストルだけを携行した。
 橋をすばやく渡り対岸のビル=シュル=エーヌ村に着くと、プライスは映画のギャングのようにドアを蹴って、最初の民家に押し入った。だがそこには、スティブナール家の住人がいただけだった。ドイツ兵はさっきまで家の2階で見張っていたが、第28大隊の接近を見て、慌てて裏口から脱出したばかりだったのである。プライスは次に、隣のルノワール邸にも押し入ったが、そこにもドイツ兵の姿はなかった。そこでプライスがルノワール邸を出ると、民家の物陰からドイツ兵が橋に向けて機関銃を連射していた。どうやらドイツ軍は少人数でこの地を守っているらしく、第28大隊を渡河させたら殲滅されるため、必死で食い止めているようだった。

プライスはドイツ兵を撃とうと思ったが、躊躇した。敵は自分たちの存在に気づいていないようで、自分たち5人こそ本隊から孤立しており、ここで発砲したら存在を気づかれてしまうと思ったからである。
 安全にこの地を離れることが急務だった。プライスは辺りを見回し、ドイツ兵がいないのを確認して路上へ出た。そのときルノワール氏は「戻れ」と声をかけたが、その瞬間銃声が轟いた。
 プライスは銃弾を受け、路上に倒れた。グッドマーフィと居合わせた23歳の看護婦アリス・グロットが危険を顧みず路上に飛び出し、プライスの体を引きずってルノワール邸に運んだ。ルノワール夫人とグロットが懸命に看護に努めたが、銃弾は右胸に命中しており、手の施しようがなかった。プライスが息を引き取ったのは、11月11日10時58分。休戦協定発効の、わずか2分前であった。

 11時。教会の鐘が村じゅうに鳴り響いた。4人のカナダ兵にとって、プライスの遺体を抱えて橋を戻ることは、文字通り命がけだった。だが予想された銃撃はなく、何の危険もなく橋を渡ることができたので、彼らは不思議に思った。

「敵はどうして撃って来ないんだ?」

「さあな。1時間早いランチタイムかな。」

アーブレの街に入ると、大勢の群集が通りで歓声を上げ、抱き合っていた。グッドマーフィは言った。
 「何があったんだ?」
 「何がって? 戦争は終わったんだよ! 生きてこの時を迎えられて、本当に良かった!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テキスト ボックス: プライス最期の地記念碑。「1918年11月11日午前10時58分第一次大戦の西部戦線におけるカナダ軍兵士として最後にカナダ第2師団第6歩兵旅団第28ノースウェスト大隊のジョージ・ローレンス・プライス上等兵がこの付近で殺害されたことを記念して彼の同士により1968年11月11日建立された」と刻まれている。



テキスト ボックス: かつて木製だった小さな橋は、現在は鉄橋に代わり「ジョージ・プライス橋」と命名された。運河は後年拡張され、ルノワール邸も今はない。

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system